• タイムレコーダーによる勤怠管理の問題点

    タイムレコーダーによる勤怠管理を導入している企業は多いですが、問題点もあります。

    例えば、タイムカードという紙の媒体を使うため、物理的に保存をしなければならないということです。



    労働法では3年間は保存しなければならないことになっており、社員から残業代の未払い訴訟などを起こされたときに、保存していないと不利になってしまいます。

    勤怠管理システム情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

    また、タイムレコーダーはコストがかからないことがメリットですが、社員全員のタイムカードを確認・集計する作業には人件費がかかります。


    また、人間による作業なので、ミスがでることもあります。さらに、タイムレコーダーによる打刻は、社員同士が結託すれば不正打刻が可能になります。
    例えば、遅刻をしているのに別の人間が打刻して出勤しているようにしたり、定時であがったのに残業しているように見せかけたりです。

    数百人の社員がいれば、そのうち数人は不正を働くようです。
    勤怠管理システムの導入にはコストがかかりますが、総合的に見るとかえってコストが節約できるという場合もあります。残業代の未払い訴訟などは、企業の落ち度であるケースが多いですが、中には社員が金銭目的で訴訟を起こすこともあります。仕事が終わった後テレビを見て時間を潰していた場合などでも、証拠がなく、タイムカードには残業の記録が残っていたら負けてしまうケースもあります。

    All Aboutの情報が必ずあります。

    残業代未払いが1人でも認められると、他の社員もそれに続いて、莫大な損失を被ることもあります。勤怠管理システムは、慎重に選んでおく必要があります。

  • よく解る情報

    • 勤怠管理に欠かせない存在であるタイムレコーダー。大変便利ですが、企業によっては手書きで出勤時間を書くところもあります。...

  • 身になる知識

    • 企業にとって、従業員の勤務状況の把握は、業務を効率的に遂行していく上で重要な要素となっています。勤務状況を効率的に把握する為には、専用のソフトウェアを活用するのが有効であり、クラウド化していれば、パソコン以外の端末でもアクセス出来る為に便利です。...

  • わかりやすい情報

    • 勤怠というのは会社などで働いている人たちの働いた日数と時間数ということになります。具体的には出勤、公休、欠勤といった勤務の実績なのです。...

  • ためになる情報

    • 企業にとって人が利益を生み出しているということになります。その分企業は多くの人件費を払っているのです。...